トップ  >  コンセプト

コンセプト

  • ハーブファーマシーとは

    イギリス生まれのハーブファーマシー。

    ブランド名は、「ハーブ」「ファーム」等を言葉遊びさせた造語で、創始者で植物学博士の ポール・リチャーズのユニークな発想から生まれました。

     

    約30年前に始めた自身の農園で作るハーブを使用した植物美容は、
    英国のオーガニックファンから大きな支持を得ています。

    ブランドヒストリー

    幼少の頃、父と野山を歩いて過ごしたポールは、植物の魅力に魅せられ、英国で植物学博士号を取得します。

    その後ヨーロッパの植物研究所勤務を経験したのち、ロシアの研究企業に渡ります。

     

    そこで、土地に根ざした植物が深く人々の生活に入り込み、美容に活用されている姿に強く惹かれ、自身が育ち歩いたイギリス・ヘレフォードシャーの地に戻り、自身で農場を始めたい、植物で多くの人々を癒したいという強い気持ちから植物栽培をスタートさせます。

     

    植物学博士でもあるポール・リチャーズは土壌作りにこだわり、栽培から採取、成分の抽出、ボトリングからレシピづくりまで一貫し製品作りに取り組みます。

    製品ライン

    こだわりのインフューズドオイルで作られたバームを中心にフェイス、ボディケアアイテムが約21種、さらに今後も製品を拡大する予定です。

    全ラインを通して、高い保湿力、滋養の持続性があり、肌細胞を保護する力に優れています。

    ボディに使えるマッスルレスキューバーム(日本名:アスリートバーム)はトップアスリートにも人気のアイテムです。

    ポールさんの農園より(動画)

    イギリス へレフォードシャーの自社農園の様子を動画にてお届けいたします。

     

    すくすくと育ったエキナセアの花が綺麗ですね。

    こちらのエキナセアが、素晴らしい化粧水になります。

     

    イギリスの農園から、冬の畑の映像が届きました。

    今、マーシュマローを収穫しています。

    ソイルアソシエーションを取得した確かな土の中にいた根っこだからこそ、
    叶えられることがあります。